明日、今日よりも、さらに充実した時間を過ごしたい。。

【男性必見】富裕層・お金持ちの遊びってなに?定番の遊びと今流行りの遊びをご紹介!

 

皆様おはこんばんにちは!

今回のテーマは、男性の「富裕層・お金持ちの遊び」について。

生きているからには、様々な遊びを体験したい。。。そう思っている男性も少なくはないと思います。

特に上京している方は、「この街で一旗あげたい」なんて考えるはず。。。

でもお金持ちになったらどんなことができるのか。。実はここが分かっていない男性も実はかなりいると思います。

というわけで、富裕層・お金持ちの遊びを徹底追及していきたいと思います。

富裕層の男性に大人気のツール

♠ユニバース倶楽部 ※18禁 交際クラブ 

♠シュガーダディ ※18禁 マッチングサイト 

お金持ちとは

東京や大阪に出れば富裕層と呼ばれる男性はかなりいます。そんな富裕層男性は仕事が終わると街に繰り出して札束をカバンの中に入れてシャンパンなどの高級ボトルを開けるといったイメージがありますが実際はどうなんでしょうか。

「お金だけではない」そういった言葉も時々聞きますが、事実、それは貧乏人の僻みとして捉えるのが富裕層の考えでもあります。

富裕層の考えの通り、お金を持てば、ほとんどのことができたりするのです。極端な話、遊びだけに捉えたことでもなく日頃の朝食や夕食なども貧困層とは全く異なってくる。貧困層の場合は添加物たっぷりのカップラーメンなどの簡単な食事で済ますが、富裕層は違う。朝食一つにしても無添加の食事や自炊をしてヘルシーな食べ物を好む。これは体が一番大切だということが誰よりも分かっているからなのだ。不健康であっては仕事に影響が出てしまい最大限のパーフォーマンスが保てないことが最大のデメリットでもある。

このように富裕層の人間は貧困層とは食生活、思考、行動が全て違ってくる。なにをするにしても追及を求めるからこそ富裕層と一般人との圧倒的な差が生まれるのでしょう。

それと連なっているのが富裕層の遊び方である。仕事も本気でやり、成果を出し、最後に本気で遊ぶ、これは成功者の思考回路なのです。

当然、遊び方も派手といったセレブもたくさんいます。隣には綺麗な女性を連れて高級料理店に入り、その後はキャバクラ、高級クラブ、ラウンジ、サパークラブなどをはしごする。

そして彼女がいながらも、別の女性と肉体関係を持つ。女性からすれば最悪の行動だが、こんな行動をしたからといっても彼女側から別れを告げることはない。そのくらいお金を持った男性と付き合うことは女性にとって癒しなのです。

これだけ聞いてもお金持ちの魅力は凄まじいものがあります。お金持ちの男性に共通することは、仕事が遊びであり、遊びが仕事であるということなのです。

この記事を読んで、是非、仕事に命をかけて人生を駆け上がってほしい。

お金持ちの遊び

お金持ちの遊び方は人それぞれ少々の違いがあるが、大まかに言えばそれほど違いはない。多くの富裕層男性のほとんどは女遊びが主流である。

高級交際クラブ・デートクラブ 

富裕層男性に今一番人気の女性遊びは、意外にもキャバクラや高級風俗ではない。交際クラブと呼ばれるものです。交際クラブは今、東京都内を中心に全国に規模を拡大していて、あらゆる業種の女性が登録している会員制の出会いの場みたいなのものです。交際クラブに男性側が入会することにより、登録している女性とお食事やデートを楽しむことができる。もちろん有料です。値段もセレブ仕様で入会金で30万、女性の紹介料金で10万前後、女性へのお手当も10万前後とかなりお高めだ。ただし、この金額にクオリティも比例している。交際クラブに登録している女性たちはモデルや芸能関係の女性からレースクイーン、社長秘書、OLから学生までと幅広いが容姿などルックスのレベルはかなり高い。

また、男性に交際クラブが人気の理由が男性自体のプライベートに女性が付きそうという理由である。キャバクラに行けば、女性を店外デートするまでに時間とお金を要するが交際クラブの場合、初めから外でモデル級の女性と会うことが約束されている。

女性を男性側に紹介することが交際クラブの業者の役割でもあるが、その内容は特定されているものではない。業者から女性を紹介された後は女性とは自由恋愛として認められる。つまり大人の関係も女性側は認知しているということです。もちろん交際クラブ側はこの件はノータッチです。

手っ取り早く綺麗な女性と外で関係を持ちたい、あるいは女性側と長い関係を持ちたいという男性は交際クラブはオススメかもしれません。

お勧めの交際クラブ・ユニバース倶楽部

ユニバース倶楽部 公式サイトへ

キャバクラ 高級クラブ

富裕層男性の定番の遊びといえばキャバクラや高級クラブなどの娯楽。キャバクラとはいっても大衆店とは異なり彼らは高級店を好む。クラブでは銀座や北新地に入り浸る男性も多くいる。会員制のクラブとなれば、席に座れば90分前後で5万円のセット料金、プラス初回は数万単位のボトルキープが強制される。こういった場所に行くお客は主に経営者などがほとんどだが、それ以外には投資家、プロ野球選手、大手企業幹部、TV局幹部など、高収入の職業の男性ばかりだ。

高級店に努めるキャストの女性はTVに出てくる女優以上の容姿であり、彼女たちが一晩で稼ぐお店の売り上げも1本は超えてくる。当然セレブな男性客あってのことだが彼らが高いお酒を開けても女性が落ちるとは限らない。事実、売れっ子ホステスは体の関係は持たないという考えを持った人間が多いのだ。それが原因で男性客とトラブルになることも日常茶飯事。

男性側からすれば接待や娯楽で使われるキャバクラ・クラブ遊びだが大金を落としてまでのリターンは果たしてあるのだろうか。

富裕層である40代以上の男性がキャバクラ遊びにハマる傾向にあるが今の若年層にキャバクラで遊ぶほどの財力や欲もない。それも含めて今後の飲食業界に注目していきたい。

高級風俗

富裕層の男性が風俗なんて。。。。そう思う方もいると思いますが、実際は全く違く、風俗にハマってしまう男性も少なくない。それもデリヘルと呼ばれるものが流行ってから一気に業界が拡大したのだ。

※デリヘルは自宅やホテルに女性を呼べる風俗店である。

セレブな男性はキャバクラで遊ぶイメージがつきますが、正確にいうと、キャバクラで遊ぶ人間=飲み派と、風俗を楽しむ人間=抜き派に分かれるのである。アウトドアなキャバクラ遊びとは反対にインドア派なセレブをいることを理解してほしい。今の時代、パソコン一台あれば数億を稼ぐ者もいるほどだ。その中でも外での遊びを嫌がるセレブもいるということだ。風俗はキャバクラとは違い、高い金額はかかってこないのだが、高級店といえば話は違う。本番行為ができる吉原などのソープランドの本場に行けば金額は10万前後とかなりお高め。デリヘルでもAV女優などが在籍している高級店となれば60分で5万円前後の金額が必要である。

高級風俗で勤務する女性のプロ意識は高く、売れっ子風俗嬢は出勤スケジュールをホームページにアップすればすぐに予約でいっぱいになってしまうのだ。

電話一本で女性を自宅に呼べる。それも芸能人以上の容姿の女性や現役AV女優。高い金額を払えばクオリテイの高い女性を呼べることは富裕層からすればかなりありがたいサービスである。

サパー

近年、富裕層の男性達に大人気の夜遊びがサパーと呼ばれるものである。サパーとは夜食やキャバクラ遊びが終えて、深夜12時以降に二次会、三次会として使われるバーである。普通のバーとは異なる点はスタッフのおもてなしにある。ただお酒を出すだけではなく、スタッフがお客の会話に入り、場の空気を盛り上げるのだ。女性側からすればキャバクラのアフターの場所に使われるケースが多い。

サパーは男性店員が基本ですが稀に女性もいる。料金などはシャンパンなどを飲まなければそこまで高くはないが、店員がお客側を持ち上げてくるので、女性を連れている男性の場合は料金が高くなるという仕組みだ。

一般人からすれば、「なんでこんなところでお金を使うの?」と思われがちだが、サパーには大物芸能人や、各種業界のトップも来店するほどの集客法、コミニュティができているのだ。有名なキャバクラに足を運ぶ業界人などがキャバクラ嬢にアフターとして連れられるのであろう。客が客を呼ぶ構図がサパーにはあるのかもしれない。

二次会、三次会で連れられるのはサパーだけではない。女性キャストが水着になってお客をおもてなしするショーがある飲食店、ニューハーフクラブ、ゲイバーなどもある。これらはどれもキャストの営業力があり、その場を盛り上げるトークやスキルが備わっていてあっという間にシャンパンが開いてしまうのだ。

六本木や銀座にあるサパーは会員制の場合が多く一見はお断りだ。一般人が入店できない特別感と高額な料金がセレブには馴染みやすいというのか。無理やりスタッフに酒を浴びるほど飲ませる輩のような男性客もいる。当然お客の金で開けたシャンパンは喜んで飲むのがサパーのスタッフだ。

好き勝手にできる、開放感あふれる雰囲気がセレブには刺激的で優越感があるのだろう。

富裕層といえば「車」が似合う。ですが近年では車を持たない男性もかなり増えているという。それは若者の話でしょ?と思う方もいると思うが実際は違う。都内の富裕層は車を持つ必要がないと言うほどだ。多忙な経営者になると車を乗る時間がないと言うのだ。挙げ句の果てには都内は渋滞が多く車を走らせたところで開放感はない。

とはいえ、表参道や六本木などを歩いてみると、高級車の爆音が鳴り響く。爆音が鳴る方を見るとランボルギーニやフェラーリなどの超がつく高級車が多数いる。路上脇のパーキングには運転手付きのロールス・ロイスが駐車されている。

このように富裕層には二種類の系統がいる。一つは車を持たないセレブ。車を持たないセレブはキャバクラや女遊びに明け暮れるといったパターンが多い。はっきりいえば自分の趣味があまりないのだ。

もう1つのパターンは車やバイクなどにお金をかけるセレブ。車好きなセレブは女遊びにはさほどお金はかけない。結婚していたり彼女を大事にしているパターンや独身が多い傾向にある。

いくらお金が腐るほどあるからとは言っても女遊びと車に全力ではなかなかお金をかけることは難しい。

車遊びは形として残るが女遊びは金銭だけ持っていかれるケースの方が圧倒的に多いのではないだろうか。

年収1億の収入があるとしてもそのうちの半分近くは税金で持っていかれる。そう考えるとお金はいくらあっても足りないのだ。

お金をかけた車、小さい頃から憧れていた高級車に乗れるということは、男として1つの夢を叶えるということに等しい。

成功者のステータスはまだまだ車というセレブもいるだろう。

旅行

富裕層といえば年末年始はハワイで過ごすという人間も多いであろう。だがそれは並みの旅行者。本当の旅行好きは一年中海外にいるケースもある。こういった富裕層は経済的に裕福なだけではなく、自らの会社を放置できるような立場やレベルに君臨している。年収が高くても売り上げがどれだけあっても自由な時間を作れる経営者はなかなかいない。

日本での生活にストレスを感じて海外に逃亡するセレブもたくさんいる。世界基準からしても日本は妬み僻みが多く人間関係に悩む人もたくさんいるのだ。

海外に行けば言葉は通じないが開放感や世界の大きさに気づく。それは経営者なら憧れのライフスタイルにもなる。

そしてセレブが考えるもう一つのこと。それは海外でビジネスをすること。ただ旅行を楽しんで終わりなら一般人となんら変わりはない。旅行の延長線上にビジネスがある。だからこそ自由に生きる経営者という道を選んでいるのだ。

海外でビジネスをするハードルはかなり高いが部下に任せる立場ができ、時間を持て余している会長職や社長業に専念しているセレブは海外進出を考えずにいられない。それは税金を日本で支払っている限りずっとだ。

日本はいい国だと言われる反面、富裕層にとっては税金が最大の問題点。

日本から消えていく経営者やセレブは今後も増えていきそうだ。

カジノ

セレブだけに許された遊びといえば分かりやすい。旅行するたびにカジノで資産を何倍にしてしまう猛者もいるほどだ。

しかしカジノはギャンブルだ。ギャンブルに運は使えるが確実に勝てる保証がない。これに気づかないギャンブル依存症が多い。日本を代表する有名経営者もギャンブルにハマるといった事件もあったが、一度ハマってしまうと抜け出すことが困難だという。

カジノにハマる理由は簡単でLOTを無限に掛けれるというところにある。ギャンブル大国と呼ばれる日本ではパチンコが主流だが一日中お金を使っても精々数十万であろう。カジノは全くの別物。お金がある富裕層にとっては市場の餌食となってしまうのだ。

もちろん計画的に遊べばカジノは面白く旅行者にも好評だ。

周囲の人間に話さずに1人で海外に行き、カジノをする。この傾向にある経営者は要注意かもしれない。

まとめ

「お金もちの遊び」如何だっただろうか。セレブにとって遊び方は様々で、中には全く遊ばないような経営者もいる。きっと仕事が完全なる遊びの感覚だろう。特に男性ならいくつになっても遊びが好きというのは常識であり、仕事が終われば誰かに連絡して街に繰り出す。それが会食だろうが打ち合わせだろうが関係ない。仕事の範囲内でクライアントにいい思いをしてもらいたい。そういって普段行かないようなお店に行く人間もいるだろう。お酒を飲み相性が合えば次回の取引が優位になるというのか。

お金の使い方に制限はないのでどれほど使っても誰かに本気で止められることもない。仕事を一生懸命やって遊びも本気でと意気込む成金もいる。

だが限度を超えたとき、自らの会社を失いかける人間もいるのだ。5年前はスーパーカーに乗っていた先輩社長が国内のエコカーに乗ってきたというのもよくある話。なんなら5年後も10年後もスーパーカーに乗れる人間はほんの極僅かという。

飲みすぎて体を壊す人間もいれば、ホステスに騙されたという人間もいる。。。

最近は少し飲みすぎで、という方は今一度自分のライフスタイルを振り返ってみてはどうだろうか?

また、まだ本気で遊べていないという方は人生に一度でもいいので本気で遊べるようになってみてほしい。

最後まで読んでくれた方は、宜しければシェアもお願いいたします。