明日、今日よりも、さらに充実した時間を過ごしたい。。

【男性必見】学歴がなくても高収入を得られる方法は?学歴不問でも稼げるお仕事をご紹介!

 

皆様おはこんばんにちは。

今回のデーマは「学歴がなくても稼げるお仕事」です。

皆様は、学歴がなくて自分の希望するお仕事に就けないことはありませんでしたか?また、学歴がないためにお給料面が良くなかったり。。。

そんな貴方でも稼げるお仕事、今回はご紹介していこうと思います。皆様のお力に少しでもなれたら幸いです。

まずはじめに

「学歴は関係ない」最近になってこの言葉をよく聞くようになりましたが、残念ながらまだ日本は学歴社会です。まず学歴がないと一流企業や大企業には入社できません。それどころか中小企業にも入社することができない場合もあります。高校卒業の学歴で初任給20万円程度からといった条件が一般的です。雇用でそれ以上のお給料を望むのであれば学歴がないとどうしても稼げません。「もう少し勉強しておけばよかった」そう思う方もいると思います。

ただ学歴がなくても稼げるお仕事も少なからずあります。少なからずですが。。

大卒の学歴を見返したい。。高卒を見返したい。。色々な人がいると思いますが、諦めずに物事に取り組めば必ず報われる時がくるとは思います。

学歴がなくてお仕事に迷われている方がいるならば、この記事を必ず見ていただきたいです。

広告

稼げるお仕事まとめ

訪問販売業

昼間の時間帯で学歴不問でも稼げるお仕事といえば訪問販売業。訪問販売とは、その言葉の通りマンションや戸建てに直接訪問して物販営業をすることです。訪問販売は様々な業種に分かれますが、種類は不動産、リフォーム、布団、などが主流です。営業は昼から夜までひたすらマンションのインターホンを鳴らし続ける。入社時すぐはアポインターといってアポをとるだけの末端の仕事が与えられる。お給料は固定で20万円程度だが歩合がつき、未経験でも稼ぎやすいのも特徴。リフォームの案件であれば水回り一箇所で100万円前後の売り上げになる。そこからアポインターは5%が歩合として還元される。つまり5件売れば25万円+固定給の20万円で45万といった計算になる。ここまでは下積みといった立ち位置だがアポインターとして数年結果を残すことができれば、クローザーという立ち位置に昇格することもできる。クローザーはアポインターがアポを取った顧客に対して再度、完結まで納得させて契約書を交わすまでが仕事である。クローザーの給料面は会社によって様々だがアポ件数がかなり多いとその分、契約率が上がってくるので部下への厳しさも重要なのだ。一般的な訪問販売のクローザーは大体年収2000万前後という。

学歴不問としてはかなりの額を稼げる職種ではあるが実際はかなり厳しいお仕事でもある。未経験で入社した社員であろうがアポを取れない場合は当然、会社としては固定給を払っているので赤字になる。それは会社としては大問題であり幹部などから厳しく指導されることもある。アルバイトとは違い出社して流れ作業をこなせばお金がもらえる仕事とは全く異なり、数字(売り上げ)を残さないと話にならないのである。

学歴不問ではなくても数字を残さなくてはいけない世界は厳しいが、特に訪問販売の世界は強い気持ちがないと生きていけない世界なのである。

不動産投資営業

不動産で学歴不問なの?と考える方もいると思いますが賃貸営業とは全く異なる。賃貸営業や大手不動産会社などは大学卒業などの学歴が求められる場合がほとんどである。だが稀にあまり聞かない会社名でかなりの時価総額を出す不動産営業会社もある。これは分譲専門の営業だ。意外にも学歴は不問で高収入を見込める仕事である。

一般的な賃貸住宅営業マンは店舗での対面接客が主流でお店で待っているだけで勝手に新規のお客が来客する。この場合は流れ作業でお客に合った条件の物件を貸し出していく。だが当然これでは稼げない。不動産の分譲営業でお客と会うのは電話でアポを取ってからが基本。アポをとるためには一日200件以上の電話が必要である。電話する相手は名簿リストを頼りに、主に高齢者であることも特徴。

アポはなかなか取れないとは言っても一件のマンションは3000万以上がほとんど。歩合だけ考えてもかなりの稼ぎになることは間違えない。会社によって給料形態は様々だが不動産投資営業の場合はフルコミッションや入社後2ヶ月の固定給支給と言った場合がほとんどである。つまり2ヶ月間アポを1件も取れない場合は解雇となる。厳しい業種といえばそれまでだが上に登り詰めれば、それこそ高級車に高級住宅も購入できるほど収入は跳ね上がる。幹部にまで上がれば年収5000万円前後はもらえるだろう。不動産投資営業は完全実力主義とも言える業態だ。若かろうが年をとっていようが数字をあげれば問題はない。

実力主義な業界だけに働いている社員は力強い人間ばかりで短気な人間も多い傾向にある。最終学歴はほとんどが高卒以下という。そもそも大学を出ているような若者にこういった会社は場違いで、不動産関係の就職希望者はほとんど賃貸営業に就職する。

カバン一つで稼ぎたい男性にとってはかなりお勧めなお仕事ではある。

キャバクラのボーイ

夜のお仕事といえば勝手に稼げるイメージを持ってしまう方もいるでしょう。夜のお仕事といっても色々な業態がありますが、その一つにキャバクラのボーイというものがある。キャバクラのボーイとはキャバクラで勤務する男性スタッフのことで主に女性の補助や雑務などをメインに仕事をこなすものである。初任給はそこまで高くはなく25万から35万の間。労働時間も短くはなく夜勤ともあって過酷なものでもある。だが数年して店長クラスに登り、さらに社長を任される立場に君臨することができれば月収は500万を超えるケースもある。

キャバクラもレベルの低いお店からレベルの高いお店まで幅広く、田舎で営んでいるようなお店にはそこまでのリターンは実際少ない。というのも来店するお客のレベルも比例するからだ。北新地や銀座などの高級クラブが立ち並ぶ場所では著名人や有名経営者なども訪れるほど。それほどお客の資産力は重要だ。容姿のレベルの高いキャストを雇い、営業力があるボーイを雇い、一流の客を集客するのだ。そんな場所で学歴もなく未経験で働くことができる。それがキャバクラのボーイ。

当然、入社後は末端からのスタートで夕方前には出社、掃除機がけ、掃除、ボトルの確保、来客予定の男性とのやり取り、キャストの出勤確認、営業が始まればキャストから責められることも、お客から怒鳴られることもある。ただ次第に仕事が評価されてくるとお給料も跳ね上がってくる。キャストもそうだがボーイの離職率も高いだけに出世は昼間の仕事に比べても早いのも特徴的。

初めは右も左も分からない男性でも3年経てば女性の管理、従業員の管理、お店の管理、お客の管理などもできてくるが、仕事の厳しさは凄まじい。とにかく協調性や部下から好かれることはもちろん、上司に好かれることができなければ上に上り詰めることは難しい。これはとくにキャバクラ業界では大切なことなのだ。

一般のお仕事では味わえない経験や知識などはキャバクラならではの利点ではある。一流のお店には経済的に成功しているお客しか来店は許されない。年収1億以上のお客に気に入られれば自分のお店を出店することもあり得る。人と人との出会いが非常に大切な職業であり、やりがいもかなりあるので将来、自分のキャバクラ店を持ちたいという方や経済的に成功したい方にはお勧めできるお仕事です。

ホストクラブ

「男性なら一度はやってみたい」そう思う男性も少なくはないと思います。夜のお仕事で一発逆転を目指すならホストクラブがお勧め。

ホストクラブは女性客を接客しながらお酒を飲むお仕事です。お店に置かれているお酒は高価なものが多く5万円前後のシャンパンから1000万円を超えるボトルも置かれている。

いかに高いお酒を女性に入れてもらうのがホストの最大の役割なのだが、ホストとして売れるためには簡単な道のりではないことは言うまでもない。日本最大の繁華街、歌舞伎町では数千人のホストが働いているが高収入を得られているのは全体の一割程度である。夢を追いかけて歌舞伎町に上京する若者も数多くいるが入店してすぐに辞めてしまうケースが多いという。人材がいなくなるだけではなく、お店自体の入れ替えも早い。新しいお店がオープンして半年を経たずに閉店なんてこともある。それほど経営もホストとして生きていくのも厳しい。

未経験として入店後は他のキャストより早い時間に出勤して掃除やお店の開店準備をしなくてはならない。初めは他のキャストのヘルプや雑務が中心になる。お給料も日当で8000円程度で月にすると15万前後となる。労働的にいうとお酒もかなり飲まなくてはいけないので肉体的にも厳しい。

とはいえ成功すれば人生が180度変わる職業でもある。有名店でお店の売り上げがトップ3番以内に入れば、それこそ月に1000万は超えてくる。女性客の管理は非常に難しいが、一度売れれば、さらに新規の女性が増えてくるため簡単には売り上げが下がることはない。

売り上げが上がってきてお店の代表から役職をもらう程になれば経営側にも立ち触れる場合もある。ホストクラブは年齢が上がれば上がるほど不利になる業界でもあるので徐々に売り上げがあるキャストが能力のあるキャストをスカウトして新しく自分のお店を出すケースがある。このように勢いのあるうちに独立してお店を盛り上げていくというのもホストクラブ業界の特徴的な部分でもある。

ホストクラブに来る女性客はOLから実業家、ナイトワーク全般など、様々な業種の女性が来るが、太客を1人でも摑まえることができればキャストの月収が跳ね上がることもあり、最短最速で高収入を得られることもある。

昼職では考えられないほど出世に成功すればその道のりはかなり早いので、人生をすぐに変えたいという若者には魅力あるお仕事の1つだ。

アフィリエイター

近年ではパソコン一台でも億を稼ぐ若者が急増している。その業種の一つにアフィリエイトというものがある。アフィリエイトとは、ある企業の商品を自ら制作したサイトやブログで紹介することによって収入を得るというビジネスモデルである。商品が売れればその10%前後の収入が入る。中には一件売れると、50%が入るものもあるが、その多くは情報商材と呼ばれるものである。

アフィリエイト市場は現在ではかなりの人口がいて昔よりは稼ぐことが難しくなっていると言われているが現在でも月に1000万を超えてくるアフィリエイターも数多くいる。そんなスーパーアフィリエイターと呼ばれる人間も始めたばかりの頃は皆、収入を上げることは難しいといい、市場を離れてしまう人間もかなりいる。

アフィリエイトの良いところは初期費用を含め、コストがほとんどかからないというところ。飲食店など雑貨屋をやるにしても最低限、家賃はかかってくるがアフィリエイトはパソコン一台のみ必要とする。

芸能人などもこのビジネスモデルに惚れ込み、独自で商品をプロデュースしアフィリエイトで稼ぐ人も多くいるが、当然、知名度のある芸能人は商品が売れやすくあっという間に億を超える売り上げを叩き出してしまう。一般人の場合は、知名度も注目度もないところからスタートするので、自分の売り出す特徴が必要となる。※例えば〇〇に詳しい場合は、その〇〇を専門的に紹介するサイトを作るなど。

ゼロからなにかを始めるのは他のお仕事ではなかなかできない場合が多い。不動産の仕事にしても広告代理店にしても業界を基礎を知らなくては営業法もわからない。だがアフィリエイトはゼロからでもビジネスができる。自分の些細な知識は他人からすれば貴重な情報かもしれない情報をお金に変えることもできる。

稼ぐまでにはかなり大変な道のりでかなりの時間を要するが生活費に蓄えがあり、時間を確保できている人には向いているお仕事でもある。

このIT業界やネットビジネス業が盛んな時代に合っている職種と呼べるだろう。

ユーチューバー

ユーチューバーとはYOUTUBEに自ら制作した動画を編集して投稿するものである。チャンネル登録が上がり、視聴回数は上がってくればどんどん収入が上がる仕組みだ。収入源としては、広告収入が基盤である。

近年ではユーチューバーは子供が憧れる職業・なりたい職業No. 1になるほどで有名ユーチューバーは子供からの人気の勢いが止まらない状態でもある。

ユーチューバーの系統は様々で危険なことをする動画投稿者もいれば新発売した商品レビューをする投稿者、ゲーム実況、ブランド品を大量購入するなどの投稿者も多くいる。

とにかく人がやらないことを動画として残さなければ視聴者数を稼ぐことはできない。今では動画投稿者増加によりかなり参入するのは厳しいと言われている。だが、どんなに有名な動画投稿者でも初めは皆、チャンネル登録者数がゼロからのスタート。そこから数年たち、数百万人のチャンネルが生まれるのだ。

動画によっては、撮影や編集などでかなりの時間を要する場合もあるが、視聴回数を上げるためには動画の企画力や動画の編集などは一番の鍵でもある。内容はもちろん、トーク力なども重要とされる。

手間がかかる上にお金にならないといって数ヶ月で市場を去る投稿者もたくさんいるのも事実である。確かに稼げるまでに時間がかかる上にそこまで貯金を食い繋がなくてはいけないため、生活的に余裕がある程はないと厳しい。

トップユーチューバーと呼ばれる投稿者は100万人以上のチャンネル登録者数が求められる。トップユーチューバーの収入は月に1000万円を超えるものも多く、高級マンションやスーパーカーなどを購入する動画などもアップロードしている。

広告収入は動画投稿者の増加により減ってくるとはいえ、芸人やTVに出る芸能人以上に夢はある。それは芸能人よりもギャラの割合が多いという理由に尽きる。例えば芸人の場合、売れるためにはタイトルの優勝が求められる。その上優勝賞金は1000万円程度で、その後一年は仕事量が増えるが、二年目以降の仕事の保証は全くなく、ギャラなども事務所7:芸人3の割合などで有名になってもそこまでのリターンはない。テレビに出るまでも大変なのだが、それ以降の道のりも険しいもの。芸能界を目指すのであればユーチューブで成功する方がかなりのリターンが見込めるのだ。

何しろ今の時代は、誰かに頼って有名になる時代でもない。昔ならばメディアに出るためにはTV局やプロダクションなどの力が必須だったが現在は違う。

ブログやサイト、動画投稿などネットのあらゆるツールを使って個人でも有名になれる時代だ。

個人でも成功ができるユーチューブ・動画投稿もかなり魅力あるビジネスの一つである。

まとめ

「学歴がなくても高収入を得られる方法」如何だったでしょうか?上記でご紹介したビジネス以外にも学歴がなくて稼げる手段は数多くあります。例えば株式投資・FXなども理想の稼ぎ方でもある。ただし今回のご紹介としては資金がかかるビジネスはご紹介を避けました。学歴不問で資金がかからないに近い業種の魅力を皆様に体験してほしくこの記事を作成しました。

上記でご紹介した職業は初めはなかなか稼げない場合もあります。ですがそれはどの職業でも同じことです。すぐに稼げる仕事はすぐに崩れていく基盤ができていない仕事です。プロ野球選手も小さな頃から初めてようやく大人になり稼げるわけです。それも限られた人ですが。。。

学歴も何もない。それでも気持ちがあれば稼げると思いますので諦めないで人生を駆け上がっていってほしいと思います。

この記事が皆様の力に少しでもなれれば良いと思います。

宜しければシェアもお願いいたします。

広告