明日、今日よりも、さらに充実した時間を過ごしたい。。

ママ活は存在しないのか?ママ活の需要がどれほどあるのかを紹介します

皆様こんにちは。

今回のテーマは、「ママ活は存在しないのか?ママ活の需要がどれほどあるのかを紹介します」です。

近年、若い男性の間で話題になっているママ活ですが、実際のところママ活に関しての詳細を知っている男性は、極めて少なく、実際にママ活を行なっている人もほとんどいないのが現状です。こういった現状から、世の男性から、「ママ活は存在するの?」という疑問も生まれています。

今回は、ママ活の存在の有無、そしてママ活の需要がどれだけあるのかをご紹介していきたいと思います。この記事が一人でも多くの男性に役立てれば嬉しく思います。

ママ活男子
ママ活なんて仕事、世の中には認められていないし、そもそも仕事として扱われることはない。ママ活をしている人が少ないのだから、情報が少ないのは仕方ないことだよね。
ママ活男子おすすめのママ活サイト

◆第1位 ワクワクメール    ※18歳以上

◆第2位 メルパラ       ※18歳以上

◆第3位 イククル       ※18歳以上

◆第4位 Jメール       ※18歳以上

ママ活は存在しないのか?

まず、ママ活が存在しないかするかの話ですが、ママ活は実際に存在しますし、現実として、女性からの経済的支援で生計を立てている男性がいます。

ただし、ご存知の通り、ママ活で生計を立てている男性は極めて少なく、ママ活の知識がある男性とも、なかなかお会いすることができません。ママ活をしている男性が少ないことから、ママ活の情報を知っている方も皆無に近い状態で、「ママ活は存在するの?」と思い込んでしまう方も実際多いです。

単純に考えても、男性が女性から経済的支援を受けるなんてことは、珍しい現象ということは分かりますよね。ですが、今の時代は晩婚化であり、男女が新しい付き合いを構築しているのも、また事実ではあります。パパ活、愛人、ママ活、自由な関係且つ、不特定多数の異性と関わる男女が増えているのも現代の特徴的な部分です。

一般的に考えてしまうと、男性が女性から経済的支援を受けるということに対し、信じられないと思う方がほとんどでしょう。ですが、特定の彼氏や旦那さんを作らない女性が増えてきているので、こういった方が日頃のストレスや寂しさを紛らわせるために、ママ活やホスト遊びをするわけです。

実際、ママ活をしている男性は、地方のエリアにはほぼいない状態で、主に都会にママ活で生計を立てている男性が集まっています。また、ママ活をしている男性のほとんどが、10代、20代の方がほとんどなので、それほど情報が蔓延しないのかもしれないですね。男性に経済的支援をする女性のほとんどは、お金に余裕がある女性ばかりです。お金に余裕がある女性=ビジネスの世界で成功している方や、水商売で成功している方がほとんどなので、この割合を考えても、ママ活で稼いでいくのは容易ではないことが分かります。

つまり、結論を言ってしまうと、ママ活はきちんと存在するのですが、「存在しない」と言われるほど、ママ活で稼いでいくことが難しいということになるわけです。

ママ活男子
男が女から経済的支援を受けるって、普通に考えても理解できないよね。でも考えてみて欲しい。ホストクラブなんかも女性客が何百万、何千万と指名のホストに身体を売ってまで貢ぐでしょ?それがプライベートバージョンになっただけなのよ。女性は自分の惚れた男に関しては、身体を売ってまで貢ぐわけ。そう考えるとママ活に可能性を感じるでしょ?

ママ活の需要がどれほどあるのかを紹介します

なんのビジネスでもそうですが、ビジネスとは需要と供給があって成り立ちます。どれだけ必要とされていても、供給がなければビジネスにはなりませんし、供給があっても、誰からも求められていなければお金は回りません。

今回のテーマはママ活の需要がどれだけあるか。この点についてご紹介していこうと思います。

ママ活の需要がどれほどあるかは、正確なデータは分かりませんが、やはり、そこまで需要があるビジネスではないことは確かです。単純に考えて、皆様の周りに、ママ活で生計を立てている男性はいないと思いますし、仮にいたとしても、よっぽど男性の外見のレベルが高かったり、なんらかの肩書きがあるような男性がほとんどでしょう。

ママ活の需要が少ないと考える理由は以下の通りです。

  • お金を払ってまで男性と関係を築きたいと思う女性が少ない
  • お金を男性に払える女性が少ない
  • お金に余裕がある女性が少ない
  • ママ活に対しての理解が少ない
  • ママ活=ヒモと思われてしまうことが多い
  • ママ活で男性に経済的支援をするセレブ女性が少ない
  • ママ活を斡旋する業者などがいない
  • ママ活よりもホストの方が満足度が高い
  • ママ活に物足りなさを感じる女性が多い

やはり、ママ活はホストクラブのように、内装の綺麗なお店で派手な演出をするわけではないので、女性が男性に大金を落としづらいのと、女性からの遊び目線や恋愛目線としても若干の物足りなさを感じる方が多いようです。

地方エリアに関しては、ママ活で生計を立てている男性は、皆無に近い状態ですし、都会エリアに関しても、それほど多くの男性がママ活で収入を得ているわけではないでしょう。よって、この業界に参入するとなれば、相当、稼ぐことに対する難易度が高いことが分かります。

需要があるかないかと言われると、ママ活は需要がないと答えるのが一般的でしょう。

ママ活男子
ママ活は、やっぱり需要がないと思われてしまうんだね。そりゃそうか。ママ活に需要があるのであればママ活業者は増えると思うし、もっともっと女性版風俗店が増えていくよね。

需要は低いがママ活で高収入を得られる場合がある

ママ活の需要は決して高くはありません。ここまでは分かりましたね。ですが、不思議な点があります。ママ活をしている男性の中には、一般の仕事では得ることができないほどの収益を稼いでいる方もいるのです。

そうです。簡単に説明すると、需要が低くても単価が高ければ、高収入を得ることができるわけです。例えば、ママ活で言うならば、男性側が多くの女性に求められていなくても、たった一人の女性から毎月100万円のお手当を貰うことができるのであれば、需要が低いとしても高収入を得ることができます。

もちろん、こういった単価の高い女性を探すことは簡単ではありませんが、男性が容姿のレベルを圧倒的に高めたり、質の高い人脈を築くことができれば、十分、ママ活で高収入を得ることができるでしょう。

数年前、情報商材を売るビジネスが爆発的に流行りましたが、一度の情報商材の販売で億を超える収入を得ている人の中には、500万円のコンサルティング料を20人契約している方がいました。普通に考えてしまうと、500万円はかなり高額だということが分かりますが、人はそこに価値があると考えると、500万円でも払ってしまうわけです。そのコンサルティングは、お金を稼ぐノウハウを教えるものだったと言いますが、その方は実際に年収1億円を毎年達成しているので、消費者側からすれば説得力があったのかもしれません。

その500万円のコンサルは、消費者にとって意味があったかないかは分かりませんが、一つ言えることは、消費者が同意をして500万円を支払ったということです。

ママ活でも同じで、男性に毎月100万円のお小遣いを支払うことに価値があると女性が思えば、迷わずお金を使います。つまり、100万円が高いと感じてしまうのは、あなたの勝手な先入観なわけです。

もちろん、高いお金を女性から請求するのであれば、それに見合うものを提供する必要がありますが、最悪、女性が満足するのであれば、問題なくその後も関係を築いていくことができるでしょう。

いうまでもありませんが、高い金額のお手当をもらいたいのであれば、経済的に成功している女性や、水商売で成功している女性をターゲットにすると良いですね。

ママ活男子
世の中には桁違いのお金持ちがたくさんいるからなぁ。。男が女に何千万って貢ぐのと同じで、女も男に大金を貢ぐ。問題なのはその金額に見合う男になれるかだよね。例えば、極端な話だけど、アイドルや有名人の男に対して何千万、億っていうお金を貢ぐ女も、探せばいると思う。

ママ活で成功するためにはどんな努力をすれば良いのか

ママ活は需要がそこまで高くはないものの、高収入を得ている男性も少なからずいるとのこと。確かにママ活は一般の仕事のように、時給や固定給がない分、稼ぐ金額に限界はありません。

この世の中のどんな仕事を見てみても、大金を稼いでいる人たちのほとんどが、時給や固定給で稼ぐようなビジネスモデルではないわけです。そう考えると、少しですが、ママ活に可能性を感じるとは思いませんか?

本タイトルでは、ママ活で成功するには、どんな努力をしなければいけないのかを具体的にご紹介していこうと思います。

まず、ママ活で成功というのは、ただ単純に経済的支援をしてくれる女性を見つけるわけではなく、ママ活で最低でも月収100万円を達成するという目標を前提にお話していきますね。それを踏まえてご参照いただければと思います。

まず、ママ活で成功するためには、富裕層の女性を1人、2人と経済的支援者にするか、一般女性の経済的支援者を10人以上作らなければいけません。どちらも簡単ではありませんが、今回はママ活で成功するために必要不可欠である、富裕層女性の経済的支援者を作るための方法をご紹介していきます。

まず、一番はじめにやらなければいけないことは、外見のレベルを高めることです。肌にも気を使い、髪型、髭、服装などにも気を配るようにします。相手が富裕層女性ともなれば、求められる容姿のレベルも高くなってきますし、実際、こういった女性は、いわゆる「いい男」を日頃から見慣れていたりします。そういった意味でも、外見磨きは徹底して行う必要があるわけです。

外見磨きには終わりがありません。ママ活でセレブの女性と関係を築いている男性は、日頃からジムに行き筋トレを行ったり、エステに通ったり、中には美容整形をしている方もいたりします。ここまで必ずやれというわけではありませんが、お金を持った女性に好かれるということは、簡単ではないということを頭に入れておきましょう。

外見のレベルを極限まで高めれば、次第に出会いが増えてきます。仕事や学校で異性と遊ぶ機会が増えたり、友人や知人の紹介で様々な人との出会いが増えてくるでしょう。男は外見だけではないという言葉がありますが、外見が優れているというだけで、出会いに恵まれることは実際にあったりします。その出会いを自分のものにすることができれば、さらに人生は充実したものとなるわけなのです。

そして、なにより、富裕層の女性との出会いを求めているのであれば、都会で経済的支援者を探すのが理想的です。地方エリアでどれだけ女性を探しても、富裕層の女性と出会うことはできませんし、そもそも男性に経済的サポートをするような女性はなかなかいません。例えば、東京で例える六本木や銀座、新宿などに行けば、質の高い人脈も築くことができたりしますし、実際に富裕層の女性を経済的支援者にすることができるわけです。

自らの外見のレベルを高め、都会に繰り出すわけですが、具体的な富裕層女性の探し方は特に決まりはありません。私が考える、一番、効率よく富裕層女性を探す方法は、ナンパ、ホストクラブ、ネットの3つです。

ナンパは、富裕層女性が多く現れるデパートや、六本木、表参道、銀座の街中で行うことがベストです。今では大物ミュージシャンとして活躍しているGACKT氏も、かつては都会の街中でナンパをし、経済的支援者の女性を探していたと言います。当時の経済的支援者の女性達は、今現在でも繋がっているといい、その恩を今でも思っていることを明かしていました。

そして、働きながら富裕層女性と出会うことができるホストクラブもまた、ママ活成功にとっては最適の場所です。本来、ホストクラブでは規定によって、女性客と裏でお金のやり取りがあってはいけないのですが、実際は客とお金のやり取りをしているホストも少なくありません。ホストクラブを退店した後に、女性客に経済的サポートをしてもらう男性もいたりします。

女性客と裏でお金のやり取りがあってはいけないとはいえ、代表者や上の人間は女性客から経済的サポートを受け、お店をさらに独立、展開を図ることもあります。なので、その辺は立場によって良いか悪いか変わる場合もあるでしょう。

そして最後にネットを利用して、富裕層女性を探す方法です。ネットで富裕層女性を探す方法に関しては、様々なツールがあるのですが、中でもおすすめなのは出会い系サイトやマッチングサイトと呼ばれるものです。これらは、数多くの女性が利用していますし、男性がサイトを利用する際も、安価な金額で行うことができます。スマホ一つで空いた時間に女性探しをすることができる。そういった意味では、出会い系サイトやマッチングサイトは最高のツールだということが分かります。

※このページの最後部に、おすすめの出会い系サイトをご紹介しています。

今回は、ナンパ、ホストクラブ、ネットと、3つの方法をご紹介いたしましたが、もちろん、これらの方法以外で、富裕層女性を探せるのであれば、どんな方法を行っても構いません。とにかく大切なことは、出会いの数を圧倒的に増やすことです。

出会いの数が少なければ、経済的サポートをしてくれる女性をなかなか増やすことができませんし、反対に、しっかり自分磨きを行い、出会いの数を増やすことができれば、どんどん支援者の女性を増やすことができ、必然的に高収入を得ることができるようになります。

今回は富裕層女性の経済的支援者を探す方法をご紹介すると話しましたが、これらのテクニックは一般の女性に対しても使うことができます。ただし、やはり、ママ活で圧倒的な収入を得たいのであれば、単価の低い女性を大勢と集めるよりも、単価の高い女性を数人固める方がおすすめです。

ここまで長くお話をしましたが、ママ活ビジネスはいたってシンプルです。容姿を磨き、出会いの数を増やす。たったこれだけです。出会いの数を増やせば、今度は内面的要素の向上を図ることができます。容姿、出会いの数に続き、内面的要素の向上を図ることができれば、さらに質の高い女性と関係を築くことができたり、経済的支援者の女性を増やすことができたりします。

ママ活の需要は高くはない。確かにこれは間違いありません。ですが、それはママ活を斡旋する業者がなかったり、ママ活がまだ浸透していないだけで、決して稼げないということではないわけです。現状として、ホストクラブで100万、1000万とホストに貢ぐ女性がたくさんいるので、ママ活でも努力次第で高収入を見込めると私は思っています。この世の中には、寂しい女性がたくさんいますし、男性のために身体を売る女性も多数います。なので、こういった女性とどれだけ出会うことができるか、この点が一番重要になってくるわけです。

ママ活には、固定給や時給は確保されていませんが、経済的支援者を増やしていけば、一般の男性では稼ぐことのできない額を短期間で得ることができるので、もしも少しでもママ活に対する興味があるのであれば、一度、夢をみるのも良いかもしれませんね。

ママ活男子
ママ活を含め、ゼロから収入を構築するビジネスは簡単ではないよね。でも収入に限界がないということを分かってほしい。普通の仕事を全力でしたとしても、月収は20万、30万が限界。でもママ活で頑張れば月収300万も夢ではない。特に今は晩婚化で働く女性が徐々に増えてきているから、ママ活で収益をあげやすいと思う。問題なのは出会いの数だね。ママ活を斡旋する業者などはいないから、自分で女性を探していかなければいけない。これさえできれば、ママ活で得る収益はどんどん上がってくると思う。

まとめ

「ママ活は存在しないのか?ママ活の需要がどれほどあるのかを紹介します」如何だったでしょうか。この記事をきっかけに、ママ活が存在することは分かったことでしょう。

ママ活ビジネスは、世間には浸透していないですし、現段階では、ママ活で生計を立てている男性は極めて少ないです。ですが、だからこそ今参入することが理想的だと、私は思っています。どんなビジネスも一番はじめに参入した人間が最終的によい思いをしますし、そもそもママ活のような完全歩合で成り立つビジネスが、一番高収入を稼ぎやすいわけです。

近年では、ホストクラブで遊ぶ女性が増えていると言いますが、ママ活で生計を立てる男性も増えてくると嬉しいですね。今回も記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

男性に人気のママ活サイト

ママ活をしている男性のほとんどはネットからママ希望の女性を探していることは明らかです。もちろんママ活をするやり方に決まりはありませんが。。

今の時代としてはネットで女性を探すやり方が効率が良く最善の方法といえるでしょう。

次に紹介するサイトはママ活専用サイトではないがママ活男子には非常に人気のあるサイトです。

登録料金は無料で、登録後は年齢確認をしてママ希望の女性を探すことができる。男性はDMを送るのには制限があるがそれでも高収入のママと出会えることを考えれば大した金額ではないはず。。

セキュリティーもしっかりしているので利用する男性も安心感はあります。

ワクワクメール  

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • 安定した収入の女性が登録している
  • セキュリティ万全
  • ママ活男子推薦
  • ポイント課金制
  • メール送信50円

ワクワクメール ※18歳以上 無料登録

メルパラ 

男性会員が少なく、女性会員が多い穴場サイト!

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ活男子一押し
  • 穴場サイト!
  • お客様サポート有り
  • メール送信60円
  • ポイント課金制

メルパラ ※18歳以上 無料登録

イククル

ママ活男子人気急上昇中!会員数1300万人超えのスーパーコミュニティ!

  • 会員数1300人
  • 老舗大手のマッチングサイト
  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ活男子人気急上昇中
  • サポート万全

イククル ※18歳以上 無料登録

Jメール

セレブな女性が多いので、ママ活男性には大人気のサイトです。課金は他サイトに比べて少し割高ですが、ママ候補の女性がかなり多い!

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ候補の女性が多い!
  • ママ活男子推薦
  • 簡単無料登録
  • メール送信70円
  • ポイント課金制

Jメール ※18歳以上 無料登録