明日、今日よりも、さらに充実した時間を過ごしたい。。

【必見】ママ活のデメリット12個をご紹介します

皆さまこんにちは。

 

今回のテーマは、「【必見】ママ活のデメリット12個をご紹介します」です。

 

近年、若い男性に大人気のママ活ですが、実際のところ、ママ活を行うデメリットも少なからずあるようです。

 

今回は、ママ活を行うデメリット面についてご紹介していきたいと思います。今回も、この記事が一人でもおおくの男性にお役立ていただければ嬉しく思います。

 

ママ活男子
皆んな、ママ活の良い部分だけを見てしまう傾向にあるから要注意だね。

 

関連記事【必見】ママ活はどこでするのか?ママ活ができる場所4個をご紹介!

 

ママ活男子おすすめのママ活サイト

◆第1位 ワクワクメール    ※18歳以上

◆第2位 メルパラ       ※18歳以上

◆第3位 イククル       ※18歳以上

◆第4位 Jメール       ※18歳以上

ママ活のデメリット12個をご紹介します

何事にもメリットがあれば、その裏でデメリットがあるものです。それはママ活でも同じです。ママ活は、確かに質の高い女性を探すことができれば、その後は大きな収入を得られる可能性もあります。ですが、稼げるという面だけを見てはいけません。

 

今回は、ママ活のデメリットを余すことなくご紹介していこうと思います。是非、ママ活のデメリット面を把握した上で、経済的支援者を探していただければと思います。

 

安定した収入を得られない場合がある

皆様ご存知の通り、ママ活は成果報酬型のビジネスです。経済的支援者の女性を増やせば増やすだけ収入を上げることができますが、逆に言えば経済的支援者の女性を一人も作ることができなければ収入はゼロです。

 

また、一度、収益を得ることができても、経済的支援者の女性と縁が切れてしまえば、収入は激減します。そういった意味でも、ママ活は不安定な仕事だと言えるでしょう。

 

一般の仕事であれば、収入は極端に多くはないものの、安定的にお金が入ってきます。いわゆるサラリーマンや雇用者などです。これらの仕事は、安定的に収入を得ることができるので、精神的にも負担は少ないでしょう。

 

確かに、世の中の富裕層を見ていると、安定的な職業ではなく、不安定な仕事をしていることが多いのですが、ママ活に関しては、人気を売るビジネスモデルでもあるので、将来性があるかどうかは微妙なところです。また、職業として認められない部分があるので、銀行からお金を借りたり、ローン等の審査はまず通らないでしょう。

 

月の支払いがあり、家族を養わなければいけない、収入がゼロになるのは困るという方は、ママ活をしない方がいいでしょうね。

 

相手の女性は年齢が離れている場合がある

ママ活の経験がない男性の中には、美人女性と関係を築くことができると思い込んでいる方もいるみたいです。もちろん経済的支援者の女性が、若くて綺麗な女性であることもあります。

 

ですが、ママ活では若くて綺麗な女性だけが対象になるとは限りません。当然、年齢の重ねた女性、容姿のレベルが極端に低いという女性もいます。つまり、ママ活で収入を伸ばしていきたいのであれば、こういった女性とも関わっていかなければいけないわけです。

 

ママ活は紛れもなくビジネスなので、男性側が女性を選ぶことは基本的にはできません。もちろん、女性の希望に、拒否や断ることはできますが、そういったことをしている時点で、ママ活での収入を大きく伸ばすことはできません。

 

ママ活は恋愛ではないので、相手の女性がどんな方であれ、対応をしなければ、収入を得ることができないのです。こういった部分を把握せずに、ママ活をしてしまうと、稼ぐのは難しいとすぐに辞めてしまうことになるので、ママ活を始める前によく考えた方がいいでしょう。

金銭感覚が狂う

もしもママ活で成功をおさめた場合、月の収入は100万円、300万円以上と稼げることがありますが、ここまでの収益をあげると、後に金銭感覚を狂わせてしまう場合があります。

 

収入が増えてくると、大抵の場合はブランド物に走ったり、高価な物を頻繁に購入するようになります。次第になにが高い物で、何が安い物か分からなくなってしまうこともあるでしょう。

 

ただでさえ、ママ活は自分がお金を使わないとしても、相手の女性が高価な物ばかりを購入していたりします。よって、自分も無駄にお金を使ってしまったり、変に見栄を張ってしまったりもします。

 

お金を稼げるようになっても、収支のバランスをきちんととれれば問題はありませんが、若い男性の場合はなかなかこういった部分を徹底できない方も多いようです。

 

金銭感覚が狂ってしまうと、収入が減った時に困ってしまいます。もちろん、時々、高価な物や欲しい物を購入することはいいですが、過剰に物を購入すると、後に生活感を戻すのに苦労してしまうので、お金を稼げるようになった時こそ、出費に気を使っていきましょう。

 

他人からの印象がよくない

他人からの印象を気にしないという方は問題ありませんが、周りの目や印象を気にするという方はママ活はやめた方がいいかもしれません。

 

ママ活は、まだ世間に認められていないビジネスモデルですし、そもそも男性が女性から経済的支援を受けることに、あまりいい印象を与えないでしょう。

 

もちろんお金稼ぎにイメージの良し悪しは関係ありませんが、側からの印象を気にしてしまう方にはママ活は不向きかもしれませんね。

 

今では、徐々にイメージがよくなってきたホストの仕事も、数年前までは悪いイメージが根付いていました。ママ活というビジネスがいつの段階で世間に認めてもらえるかは分かりませんが、まだ世間からのイメージはよくなりそうにありませんね。

 

もしも、それでもママ活をしたいというのであれば、誰にもバレない環境で女性と関係を築くことが理想的かと思います。

若い頃しかできない仕事

ママ活は基本的には若い男性しかできません。ごくごく稀に30代、40代以上の男性がママ活をしている場合がありますが、それでも高収入を稼げるわけではありません。

 

なぜママ活が若い頃しかできないのかは、アイドルやホストに年齢の重ねた男性がいないのと同じことです。男性は年齢を重ねれば重ねるほど、女性から経済的支援を受けづらくなるわけです。

 

経済的支援をするような女性は若い場合でも年齢の重ねた方であっても、20代前後の男性を好みます。つまり、ママ活は男性にとって、長く続けられるビジネスではないことが分かります。

 

また、若い頃にママ活をして大金を掴んだとしても、その間の時間を取り戻すことはできないので、他にやりたい仕事がある場合は、人生を無駄にしてしまうことになるでしょう。

 

理想は、若いうちにママ活で得た収益で、その他のビジネスに発展させることですが、こういった流れを作れる男性もなかなか多くはいません。

 

ママ活は上手くいけば高収入を得ることができるわけですが、長期に渡ってできるビジネスではないので、将来性はあまりないでしょう。

トラブルや揉め事は日常茶飯事

ママ活は男性が女性から経済的支援を受けるわけですが、お金が絡んでいる以上、トラブルや揉め事は日常茶飯事です。

 

特に、ママ活では男性側は不特定多数の女性と関わっていくので、場合によっては一人の女性が、他の女性に対し嫉妬心を抱くことがあります。

 

女性とトラブルや揉め事があり、その後は仲直りすることができればいいのですが、最悪、縁が切れてしまうこともあります。

 

男性に経済的支援をするような女性は、一般の女性とは違い、すぐに男性を乗り換えたり、派手に男性と遊ぶ傾向があるので、男性側の意見としては、女性を管理するのが大変なわけです。少し連絡が遅れてしまっただけで、パニックになる女性もいますし、会わない期間が長くなると機嫌が悪くなる女性もいます。

 

これは、ママ活に問わず、ホストの仕事でも同じことが言えますが、やはり女性からお金を貰うことは、それなりの苦労と大変さがあります。こういったことを予め把握できていないと、女性との関係作りに疲れてしまい、身が持たなくなってしまうので注意が必要です。

 

もちろん、ママ活に慣れてくれば問題はないのですが、慣れるまでが大変でしょう。

 

恋愛が楽しめなくなる可能性がある

ママ活を極めると恋愛を楽しめなくなる可能性があります。理由は、ママ活によって様々な女性の生き方や考え方を知ることができるからです。

 

例えば、言い方は悪いですが、恋愛経験のない方や、出会いの少ない方、経験値の浅い方は、すぐに結婚をしたりします。田舎のエリアに住んでいる方がいい例でしょう。

 

反対に都会に住んでいる方は、女性であれば、多くの富裕層男性に出会うことができるので、結婚相手に迷ったりし、恋愛に時間をかける傾向にあるわけです。男性であれば、綺麗な女性とたくさん出会えば、その分、結婚までに時間がかかったりします。

 

このように人間は、経験が豊富になったり、出会いの数が増えてくると、純粋に恋愛が楽しめなくなり、損得で異性と関係を築こうとするわけです。実際、田舎の方は若くして結婚する方が多いですし、都会であれば男性の場合、40代になっても交際や結婚をしていない人がたくさんいるのです。

 

つまり、ママ活で多くの女性と関わることになれば、普通の恋愛を楽しめなくなる可能性が出てくるわけです。こういった部分をデメリットと捉えるかは、人によって異なるとは思いますが、ゆくゆくは恋愛をしたい、結婚をしたいと考えている男性は、予め頭に入れておくとよいでしょう。

 

女性の管理が大変

ママ活で一番大変なのは、女性の管理です。特に複数の女性から経済的支援を受けている男性は大変でしょう。女性を管理する能力がなければ、収入の維持をすることはできませんし、そもそも高収入を得ることができません。

 

ママ活=楽に稼げる。こういったイメージが少なからずあるわけですが、100%楽に稼げるというわけではないことは予め、覚えておきましょう。

 

女性との喧嘩は日常茶飯事ですし、トラブルも頻繁に起きます。いかに長期間、女性を安心させるかが、ママ活で成功するために重要なことです。

 

特に、男性に経済的支援をする女性は、精神的に不安定な方が多いので、そういった意味でも、女性の管理は大変なのではないかと思います。

 

中には、女性との関係作りに疲れてしまい、ママ活を途中で投げ出してしまう方もいたりするので、はじめに覚悟をしておいた方がいいでしょうね。

 

ママ活だけで稼げる人はごく一部

ママ活という言葉は世間で有名になってきてはいますが、実際、ママ活だけで生計を立てている男性は全体のごく一部です。

 

単純に皆様の周りでも、ママ活だけで生計を立てている方はいないに等しいでしょう。ママ活は完全歩合のビジネスモデルですし、非常に収入が不安定です。一度稼げるようになっても、油断はできず、継続的に新規の女性を獲得していかなければ、収入を維持することはなかなかできません。それ以前に、一人も経済的支援者の女性を作ることもできずに市場から撤退していく男性がほとんどです。

 

また、ママ活は相手の女性が経済的に余裕がなければいけませんので、田舎ではなかなか稼ぐことはできないでしょう。

 

もしも、ママ活だけで生計を立てようとするのであれば、常に女性と出会うことを日課とし、より多くの経済的支援者の女性を作っていく必要があるでしょう。当然、その間の自分磨きは徹底することも重要です。

 

どの業界でも、高収入を得ることはもちろん、継続的に収入を得ることは大変ですが、ママ活は特に難しい業界とも言えるでしょう。

 

収入が増えたからといって楽になるわけではない

ママ活はフリーランスに近いビジネスではありますが、高収入を得ることができても、肉体的、精神的に楽になるビジネスではありません。

 

理由は簡単で、稼げるようになっても、自らの体は一つしかないからです。自分が稼働しなければ収入を得ることはできません。そういった意味ではママ活は、一般の仕事よりは楽に稼げるとはいえ、経営者や投資家などのビジネスとは全く異なるということが分かります。

 

それこそ、自分が病気になったりすれば、ママ活での収益はストップしますし、仮に稼げるようになっても、お金を稼げない頃と比べると、自由な時間が少なくなってくるわけです。

 

なので、一般の仕事よりは効率よく収入を得ることができるのですが、長期目線でみた時には決して将来性があるビジネスではないということです。

 

ママ活をしていることを隠さなければいけない

ママ活をしていることを家族や他人に話せる方は問題ありませんが、多くの方は素直に話すことはできないでしょう。

 

ママ活をしていることをカミングアウトできない男性は、常にママ活をしていることを隠し通さなければいけませんし、これから先に出会う人全員に収入源を隠さなければいけません。

 

友人や知り合いが多いという方は、仕事の話をする機会が多くなるので、もしもママ活を全力でやりたいというのであれば、無駄な付き合い、人付き合いは避けた方がいいでしょう。

女性側の優位性がある

これは当然の話ですが、ママ活は男性側ではなく、女性側に優位性があります。ママ活ではお金を払うのは女性側なので当然のことですね。

 

本来、男女の関係と言えば、男性の方が優位にたつことがほとんどですが、ママ活では逆です。つまり、男性側は女性の希望、望みに対し、極力応えていかなければいけないわけです。

 

時には、女性側からホテルに誘われたり、約束をしていないのにいきなり呼び出されたりすることもあるでしょう。女性によっては、経済的支援をすることで、なんでもかんでも好きなように支配してくる方もいるので、こういった女性と関係を持つと、それなりの苦労はあるでしょう。

 

男性側の唯一のご褒美は、女性から頂けるお手当のみです。このためにならなんでもできるといった男性が、ママ活では成功するのかもしれません。

 

まとめ

「【必見】ママ活のデメリット12個をご紹介します」如何だったでしょうか。今回の記事で、ママ活のデメリット面を深く理解していただけたと思います。

 

もちろん、ママ活はデメリットだけではなく、高収入を得ることができるという点では、他のビジネスにない魅力がたくさんあります。ですが、デメリット面をしっかりと理解していないと、後にトラブルが起きたりする可能性もなくはありません。

 

この記事をきっかけに、一人でも多くの男性がママ活で成功できることを願っております。今回も記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

男性に人気のママ活サイト

ママ活をしている男性のほとんどはネットからママ希望の女性を探していることは明らかです。もちろんママ活をするやり方に決まりはありませんが。。

今の時代としてはネットで女性を探すやり方が効率が良く最善の方法といえるでしょう。

次に紹介するサイトはママ活専用サイトではないがママ活男子には非常に人気のあるサイトです。

登録料金は無料で、登録後は年齢確認をしてママ希望の女性を探すことができる。男性はDMを送るのには制限があるがそれでも高収入のママと出会えることを考えれば大した金額ではないはず。。

セキュリティーもしっかりしているので利用する男性も安心感はあります。

ワクワクメール  

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • 安定した収入の女性が登録している
  • セキュリティ万全
  • ママ活男子推薦
  • ポイント課金制
  • メール送信50円

ワクワクメール ※18歳以上 無料登録

メルパラ 

男性会員が少なく、女性会員が多い穴場サイト!

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ活男子一押し
  • 穴場サイト!
  • お客様サポート有り
  • メール送信60円
  • ポイント課金制

メルパラ ※18歳以上 無料登録

イククル

ママ活男子人気急上昇中!会員数1300万人超えのスーパーコミュニティ!

  • 会員数1300人
  • 老舗大手のマッチングサイト
  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ活男子人気急上昇中
  • サポート万全

イククル ※18歳以上 無料登録

Jメール

セレブな女性が多いので、ママ活男性には大人気のサイトです。課金は他サイトに比べて少し割高ですが、ママ候補の女性がかなり多い!

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ候補の女性が多い!
  • ママ活男子推薦
  • 簡単無料登録
  • メール送信70円
  • ポイント課金制

Jメール ※18歳以上 無料登録