明日、今日よりも、さらに充実した時間を過ごしたい。。

ママ活の自己紹介文を作る上で重要なこと7個を紹介

皆さんこんにちは。

 

今回のテーマは、「ママ活の自己紹介文を作る上で重要なこと7個を紹介」です。

 

ママ活をやるためには、路上でのナンパから女性を探す場合や、ネットで女性を探していく場合があると思いますが、ネットで女性探しをするのであれば、自己紹介文の作成は徹底して行わなければいけません。

 

SNSや、マッチングサイトを利用する際はこの自己紹介文がママ活を行う上で、かなり重要になってくるので、是非、これから紹介する内容を把握していただければと思います。

 

 

関連記事【必見】ママ活はどこでするのか?ママ活ができる場所4個をご紹介!

 

ママ活男子おすすめのママ活サイト

◆第1位 ワクワクメール    ※18歳以上

◆第2位 メルパラ       ※18歳以上

◆第3位 イククル       ※18歳以上

◆第4位 Jメール       ※18歳以上

ママ活の自己紹介文を作る上で重要なこと7個を紹介

SNSやマッチングサイトでママ活を成功させたいのであれば、自己紹介文はなによりも大切です。女性側はまず、どんな男性なのかを知りたいと思いますし、そもそも情報が分からない男性と会おうとは思いません。

 

女性に安心してもらうためにも、できる限り、女性側に好印象を抱かせるような自己紹介文を作成するように心がけていきましょう。

 

下記では、ママ活の自己紹介文を作る上で重要なことをまとめているので、是非、参考にしていただければと思います。

誠実さをアピールする

やはり、ママ活を成功させたいのであれば、誠実さをアピールすることは大切です。自己紹介文では、敬語をつかい、「この人は真面目そう」と思わせるように文を作成していきます。

 

例えば、「普段はお酒ばかり飲んでいます」などと文を記載することは、印象が悪くなりますが、「お酒は、まだそこまで飲めませんが、お誘いを受ける際は楽しんでお酒を飲めます」などと注意事項を書いておくと、相手は悪い気はしません。

 

その他、今まで頑張ってきたことや、趣味や特技などをこと細かく記載することで、丁寧さや、真面目さが文章から相手側に伝えることができます。

 

どんなに外見が派手でも、仮に不真面目だったとしても、自己紹介文はネットで女性と出会うための入り口でもあるので、他の誰よりも丁寧な文章を書くことが重要です。

 

経済的支援者の女性を探している男性のほとんどは若者男性なわけですが、多くの方はこの自己紹介文を簡単に書いてしまったり、相手に失礼な文章を書いてしまっていることが多いので、まずは自分が書きたいことを書かずに、相手が嫌な気持ちをしてしまわないような、丁寧で真面目さが伝わる文を書いていきましょう。

 

結局、はじめの第一印象で、誠実な部分がないとなるとママ活で成功することはできません。ママ活では、経済的に成功している女性から気に入られることで、大きな収入を得ることができるわけですが、こういった女性は、男性を見る力が備わっているので、誠実さに欠けると必然的にママ活でお金を稼ぐことができないということになります。

お金目的ということを分かられないようにする

ママ活をする男性のほとんどはお金目的だと思いますし、お金目的ということが悪いということではありませんが、女性にお金目的だと分かられてしまうことは、あまりよくはありません。

 

たしかに女性は、男性側にお金を支払い関係を築くことはたくさんありますが、それはあくまで特定の男性を必要としてお金を支払っているわけで、むやみやたらお金を払って男性と関係を築いているわけではありません。

 

つまり、女性側に自分の存在を知られていない場合は、極力、良い印象で女性に受け入れてもらって、お金目的ということを知られないようにする必要があるわけです。

 

なので、自己紹介文に、何分でいくら欲しい、お食事でこのくらい欲しい、デートでこのくらい欲しい、買い物でプレゼントを購入してくれる方募集などの、金銭を目的とした文を記載するのはやめましょう。

 

ママ活はパパ活とは違い、はじめの段階から割り切りで関係を築こうとする女性はかなり少ないです。ある程度、信頼ができて、尚且つ、好意を抱いたタイミングなどに割り切りで関係を築こうとします。男性はお金目的で女性を探している人が多いとは思いますが、はじめの段階で女性側がお金目当てだと分かると、男性と関係を築くことはないので、自己紹介文では、お金目当てと分からない文を心がけていきましょう。

女性とどういった関係を築きたいのかを記載する

多くの男性は、自身の希望ばかりをプロフィールに記載していたりしますが、これだけでは好印象とは言いません。まず、女性とどういった関係を築きたいのか。どんな女性を求めているのかを明確に記載することが大切です。

 

例えばですが、「将来は、会社経営をしたいと考えているのですが、まだ社会経験が浅いこともあり、経験豊富な女性との出会いを求めています。お食事やデートをすると同時に楽しい日々を過ごしたいと考えています」などの言葉があるだけで、女性側はその男性との過ごし方を妄想することができます。

 

あまりにも、わがままで、要求ばかりの文章を記載するのはNGですが、ある程度、男性側がどういった出会いや関係を築きたいかが、分かる文を心がけるといいと思います。

 

ママ活は、パパ活とは違い、はじめの段階で経済的支援の希望を伝えるよりも、女性と信頼関係ができた段階で、お金の支援をお願いするのがベストなタイミングなので、焦らずにまずは、女性との信頼関係を築くことを優先させましょう。

夢や目標を記載する

女性は、夢や目標をしっかりともっている男性に惹かれたり、興味をもちます。それは、ママ活だけではなく、恋愛や、ホストクラブなどでも同じことが言えます。

 

例えばですが、ホストクラブで働く男性は、女性客に対して、「No. 1になりたい」という気持ちを伝えます。こういった目標や夢を女性に語りかけることで、女性側はサポートしたいという気持ちになるわけです。もちろん、その過程で、どれだけその目標や夢に対して本気なのかを分かってもらう必要はありますが、女性の中には、男性から頼りにされることに嬉しさを感じる方もいるので、自己紹介文の中でも、夢や目標を記載しておくのもいいでしょう。

 

夢や目標だけ語っても、ママ活で成功できるのか?と疑ってしまう方もいると思いますが、実際、アーティストのGACKT氏は、まだ歌手として売れない頃、複数の女性に自らの夢や目標を語り、経済的支援をしてもらったと言います。その頃の経済的支援があってか、今では誰もが知っているほどの大物アーティストになるまでになりました。

 

男性が、女性の夢や目標を応援するケースは極めて少ないですが、女性は男性の目標や夢に対して、サポートする方が非常に多いので、自身の気持ちを理解してもらうためにも、定期的に熱い目標や夢を語るようにすることが大切です。

体目的ということを記載しない

ママ活をする女性の中には、性欲を満たすためだけに男性を探している方もいますが、多くの女性は体目的で関係を築こうとする男性を拒む傾向にあるので、基本的には、ネット上の自己紹介文などで、体目的ということを記載しない方がいいでしょう。

 

男性の中には勘違いからか、大人の関係を築ける女性募集などと、記載をしている方がいますが、正直、こういった文章をはじめの段階で使ってしまうと、多くの女性から引かれてしまうでしょう。

 

基本的には、女性側は、気の許した男性しか、大人の関係を築こうとしないので、まずは女性の体を目的とするのではなく、信頼関係を構築していくところからスタートしていくといいと思います。

 

体目的ということが分かるような男性は、ネット上でも数多くいるので、こういった男性と差別化をはかるためにも、誠実さをアピールしていくことが大切です。

年上の女性がタイプということを記載する

ママ活では、主に若い男性が経済的支援者の女性を探すわけですが、基本的に男性側に経済的支援をする女性は、それなりに年齢を重ねている方がほとんどです。若くても20代半ば、年齢が高い女性ですと、40代、50代以上の方がいたりします。

 

そういった意味では、ほとんどの場合、男性側がママ活をする際は年上の女性と関わっていくことになります。もちろん、男性によっては30歳を超えていてママ活をしている場合があるので、一概に相手の女性が年上というわけではありませんが、それでも年上の女性がタイプということを予め自己紹介文に記載しておくと、女性ウケは良くなるでしょう。

 

例文としては、「女性に求める年齢に決まりはありませんが、タイプは年上の方が好みです」などと自己紹介文に記載しておくといいと思います。

 

ママ活では、とんでもないほどの経済的成功者の女性がいたりしますが、そのほとんどが年齢を重ねた女性なので、単価の高い女性を見つけるのであれば、やはり40代、50代以上の女性にアプローチをかけるといいと思います。

女性側に合わせるような文章を書く

結局、ママ活は、お金を男性に支払う女性側が優位です。つまり、女性側は都合のいい関係を男性と築きたいわけです。なので、自己紹介文などは、あくまで女性に合わせた内容を記載するのが理想的かと思います。

 

例えばですが、「時間は何時頃、食事は〇〇が好き、いきなりのデートは不可」というように男性側の都合を主張するのではなく、「時間も、日程も女性の都合に合わせられます」と記載する方が、女性側に好印象を与えることができます。

 

ママ活をするような、若くて経験値の浅い男性は、なかなかママ活をビジネスだと認識できない方が多いと思いますが、女性からお金をもらっていく以上は、女性側の都合に合わせた関係を築くことが、なにより大切になってきます。ママ活で男性側の都合が通ることは、恋愛ではないので、基本的にはありません。この認識がない男性は、女性と出会うことができても、関係を築いていくことはできないでしょう。

 

これは、ケースバイケースですが、本当にママ活で成功したいというのであれば、はじめはお金を受け取らずにデートを重ねていくことがいいと思います。自己紹介文は、低姿勢で文を構成すると尚、いいでしょう。

 

まとめ

「ママ活の自己紹介文を作る上で重要なこと7個を紹介」如何だったでしょうか。ママ活は今流行っているとはいえ、実際は、ママ活を試みた90%の男性が、稼げないまま業界から去っていきます。そういった意味でも、いかに自己紹介文や、女性と会う前の段階が、重要ということが分かるでしょう。

 

街中でナンパをする際は、それはそれで重要なことが数多くありますが、ネットで女性探しをするのであれば、自己紹介文、そして、プロフィール写真は最重要と言えるでしょう。

 

この記事を読んでいる男性が、一人でも多く、経済的支援をしてくれる女性を探せればと思います。今回も記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

男性に人気のママ活サイト

ママ活をしている男性のほとんどはネットからママ希望の女性を探していることは明らかです。もちろんママ活をするやり方に決まりはありませんが。。

今の時代としてはネットで女性を探すやり方が効率が良く最善の方法といえるでしょう。

次に紹介するサイトはママ活専用サイトではないがママ活男子には非常に人気のあるサイトです。

登録料金は無料で、登録後は年齢確認をしてママ希望の女性を探すことができる。男性はDMを送るのには制限があるがそれでも高収入のママと出会えることを考えれば大した金額ではないはず。。

セキュリティーもしっかりしているので利用する男性も安心感はあります。

ワクワクメール  

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • 安定した収入の女性が登録している
  • セキュリティ万全
  • ママ活男子推薦
  • ポイント課金制
  • メール送信50円

ワクワクメール ※18歳以上 無料登録

メルパラ 

男性会員が少なく、女性会員が多い穴場サイト!

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ活男子一押し
  • 穴場サイト!
  • お客様サポート有り
  • メール送信60円
  • ポイント課金制

メルパラ ※18歳以上 無料登録

イククル

ママ活男子人気急上昇中!会員数1300万人超えのスーパーコミュニティ!

  • 会員数1300人
  • 老舗大手のマッチングサイト
  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ活男子人気急上昇中
  • サポート万全

イククル ※18歳以上 無料登録

Jメール

セレブな女性が多いので、ママ活男性には大人気のサイトです。課金は他サイトに比べて少し割高ですが、ママ候補の女性がかなり多い!

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ候補の女性が多い!
  • ママ活男子推薦
  • 簡単無料登録
  • メール送信70円
  • ポイント課金制

Jメール ※18歳以上 無料登録