明日、今日よりも、さらに充実した時間を過ごしたい。。

男の水商売ってなにがあるの?男ができる水商売5個を紹介

皆さんこんにちは。

 

今回のテーマは、「男の水商売ってなにがあるの?男ができる水商売5個を紹介」です。

 

水商売とは、今で例えるとキャバクラなどの飲食店を主に指す場合が多いようですが、大きく捉えると安定した収入を得ることができない職業、人気商売、景気によって収入が変動する仕事、コストをかけない仕事も含まれると言います。

 

今回は、それも含めて男性ができる水商売を、余すことなくご紹介していこうと思います。是非、この記事で紹介する内容を参考に頂き、ご自身の人生にお役立ていただければと思います。

 

ママ活男子おすすめのママ活サイト

◆第1位 ワクワクメール    ※18歳以上

◆第2位 メルパラ       ※18歳以上

◆第3位 イククル       ※18歳以上

◆第4位 Jメール       ※18歳以上

男の水商売ってなにがあるの?男ができる水商売5個を紹介

 

水商売と聞くと、不安定である一方で短期間で高収入を得ることができるといった印象を抱かれる方も多いでしょう。ですが、男性であれば一度は大金を稼いで経済的に成功したいと夢を見るものでしょう。

 

今回は、そんな男性にとって経済的成功を見込める水商売の仕事をまとめて紹介していきたいと思いますので、是非、参考にいただければと思います。

ホストクラブ

男性の水商売と言えば、やはり第一に思い浮かぶのはホストクラブでしょう。ホストクラブで働くことができれば、努力次第ではありますけど、短期で大きくお金を稼ぐことができます。

 

もちろん、皆さんご存知の通り、10代、20代、30代の男性が一番稼ぎやすいと言われているわけなので、比較的、若い男性しかホストクラブで働くことができないわけですが、それにしても月に100万、300万、1000万、もしくはそれ以上の金額を、学歴もない男性が稼げる可能性があるわけなので、夢のある仕事ではありますよね。

 

とは言っても、誰でも簡単に高収入を得ることができるというわけではなく、入店後は皆、末端からのスタートとなり、時給は1000円程度からしか支給されませんので、いかに女性客を呼び、お金に変えられるかがホストの仕事で求められる部分でもあります。

 

近年では、昔以上にホスト遊びをする女性が増えてきていることから、よりプレイヤーは稼ぎやすいとも言われていますが、事実その通りで、ホストクラブの聖地である歌舞伎町に関しては多くの店で1000万プレイヤーを輩出していたりもします。

 

基本的にはホストクラブではプレイヤーとしては、長期にわたって高収入を得ることは難しく、またお店によっては採用基準が高いケースもあったりするので、誰でも簡単に稼げるというわけではありませんが、容姿に自信があったり、それなりに女性とのコミュニケーション能力が高いという男性は、ホストクラブで働くことは向いているかもしれません。

 

ホストクラブは、どこのお店も基本的には体験入店を設けているので、気軽にネットからでも体験入店の申し込み、面接の申し込みが可能です。

 

女性専用風俗店

女性専用風俗店とは、女性がサービスを受ける側の風俗店をさします。これに関しては昔からあると感じている方も多くいると思いますが、近年、この女性専用風俗が右肩上がりで店舗数を拡大していると言います。

 

近年では晩婚化、彼氏を作らない若者が増えてきていると言いますが、その影響もあってか、寂しい女性が増えてきているのでしょう。

 

もちろん、この仕事もホストクラブ同様に主に若い男性しか働くことができませんが、この仕事に関しても紛れもなく、高収入を得ることができる仕事なわけです。

 

内容は、通常の風俗と同様に基本、本番行為は禁止されていますが、それ以外のプレイや、それに加えて、女性専用風俗特有のマッサージで女性客を魅了するセラピストも多いと言います。

 

料金設定は、そこまで高くはないという点から、男性セラピストも決して楽な仕事ではないわけですが、一部、大手の店舗ともなると、人気のセラピストで月収300万円以上稼ぐ方もいるようです。

 

本来、男性は欲を満たすために風俗店を利用し、女性を選ぶ側に値するわけですが、この場合は仕事なので、女性側を選ぶことはできません。一般の仕事よりは収入が多いことは間違いないのですが、この仕事をやる上ではそれなりの覚悟がなければいけないでしょう。

 

現在は、この業界で経営者になりたいと願望がある男性がセラピストを希望される方が増えてきているようです。

キャバクラ・高級クラブ

ホストクラブ同様、お酒を扱った水商売と言えば、やはりキャバクラや高級クラブなどが主にはあげられるでしょう。男性がこの場所で働く場合、業界ではボーイ、黒服と呼ばれます。

 

一般的には、キャバクラや高級クラブでの仕事は、女性がいて成り立つ商売でもあるので、男性スタッフがはじめから高収入を得ることはできないのですが、大体、はじめは末端からのスタートで月25万から35万程度の収入を得ることができます。

 

この点を考えると、ホストクラブで働く場合と大分、待遇などが異なりますが、黒服、ボーイが高収入を得るためには、基本的には歩合ではなく、上に認められる以外に方法はありません。つまりは、店長、係長、など役職を得るまでにならなければいけないというわけです。

 

そして、社長、オーナー社長にまで上り詰めることができれば、一般の仕事では得ることができない収入を得られるというわけです。

 

この業界は退職する人間も多くいるので、その分、昼職よりも早く出世しやすかったりもするのですが、それでも黒服という仕事は、労働時間も長く、非常に気を使う仕事でもあるので、精神的にも肉体的にもハードな仕事です。言われた仕事以上の仕事をして、尚且つ、上司に気に入られることができれば、黒服として高収入を得ることができるでしょう。

 

お店やエリアによって異なりますが、どれだけ売り上げがあるかにもよりますが、東京で例える銀座、六本木、新宿などの繁盛店では、大体、お店のトップを仕切る立場になれば、月に300万円から500万円という収入を得ることができます。

 

この仕事に関しても、学歴不問で基本的には年齢も問わないので、一般の仕事では得られない刺激や収入が欲しいという方には最適の仕事かもしれません。

風俗

現在、風俗と言える場所は大きく分けて、ヘルスとソープに分けられますが、いずれも男性スタッフがお店に存在しています。

 

風俗の男性スタッフは決してお給料が高いわけではありませんが、店長、社長など、役職をもらえるほどになれば、それこそ、月に100万円、300万円、自分の店を構えるまでになれば、上限なく収入を伸ばすことができる夢のある仕事でもあるのです。

 

近年ではデリヘルが流行ってきているわけですが、その理由は参入しやすいという要因があります。コストも飲食店のようにかかるわけでもなく、単価も自分で決めることができるため、経営のノウハウをしっかりと理解している人間や、人脈などが予めある人間ははじめの段階で軌道に乗りやすい傾向にあります。

 

反対にソープランドにおいては、末端からオーナーになるまでには資金的にも立場的にも不動産状況などによっても難易度が高いことが特徴的です。ご存知の通り、ソープランドは店舗型でそれなりの固定費がかかってくるので、そういった意味でも、なかなか上の立場にいくことは難しいでしょう。

 

やはり、ここ数年では風俗業界の流れとしては、デリヘルが一番稼ぎやすいわけですが、まずは経営の仕組み、資金管理、集客などをしっかりと把握するためにも、雇用者としてどこかの店に潜入することは大切でしょう。風俗のスタッフに関しては、基本的にやる気があれば誰でも入社することができるので、自身の興味のあるタイプのお店に問い合わせてみるのもいいかもしれません。

 

独立後、デリヘルの経営に関しては、はじめの数ヶ月はほとんどの方が苦労すると言われ、多くの店は、なんだかんだでお店を半年から一年以内で閉じてしまう傾向にありますが、逆に一年お店を続けることができれば、その後の経営の維持は楽になることがあったりします。参入が激しいこの業界なのですが、実際、上位5%から10%が何年も利益を出し続けて、残りの90%から95%は、参入、撤退を繰り返しているのが現状でもあります。それこそ、上位5%の店は店舗数にもよりますが、月の利益が500万から2000万の間という店が多いでしょう。

 

また、従業員の離職率も高い仕事でもあるので、継続力があるというだけで社内で早く出世できるのも、この仕事のいい部分です。

ママ活

ママ活という言葉を聞いたことはあるでしょうか。ママ活とはパパ活の反対で、男性が女性とお食事やデートに同行することにより、経済的支援を受けることを言います。

 

女性が男性の経済的支援と聞くと、驚く方もいると思いますが、事実、このママ活だけで生計を立てている男性が、都会には結構いたりもします。

 

近年では、晩婚化ともあるので、それだけ普段の生活で、寂しさや孤独感を感じるという女性が多いのでしょう。

 

とはいっても、ママ活自体は昔からあったと言われていて、有名な話で例えると、あの大物ミュージシャンのGAKCT氏も、歌手として売れる前は複数の女性から経済的支援を受けるママ活をしていたと言います。

 

ママ活の最大のメリットとしては、やはり複数の女性から経済的支援を受けることで、その支援を元に将来の可能性を大きくすることができる点でしょう。似たようなパターンで例えると、ホストがファンとなる客を集めて、その客からの支援によって、自身の店をオープンすることができたり、会社経営ができたりする流れに近いかもしれません。

 

ママ活は当然、一般の仕事とは違って、固定給というものもありませんし、どこか会社に出社するというビジネスモデルではありませんので、全て自分で仕事を作っていかなければいけませんが、それこそ女性を自分で探し出し、経済的支援者の女性を増やすことができれば、収入に限界はありませんので、一般の男性が得ることができない額の収入を得られるようになります。

 

もちろん、実際のところ、ママ活で大きく収入を得ている男性のほとんどは、外見のレベルが高かったり、若い男性が中心になるわけですが、例えば、出会いの数が多ければ、経済的支援者の女性を見つけやすかったりもします。

 

ママ活で稼いでいる男性の中には、月に100万円、200万円、それ以上と収入を得ている方もいたりするので、夢のある仕事でもあります。その反面、ある程度の年齢までいってしまうと、経済的支援者の女性を作れなくなる傾向にありますので、できる限り、年齢の若い状態で支援者を探し、その後はその資金でビジネス展開をすることが理想とされます。

 

芸能界や、ホストの男性、アイドルなども、女性の経済的支援者がいる方が多いと言いますが、もし一時的にでも、女性から経済的支援を受けることができるようになれば、その後の人生は大きく変わることがあるかもしれませんので、容姿が優れていたり、自信があるという男性は、ネットや街中で支援者の女性を探して、ママ活を試みるのもいいかもしれませんね。

 

相手によっては、会社経営者や、資産家の女性ということもあるわけですから、こういった女性から好かれるようになれば、それこそ人生は180度変わってくるでしょう。

まとめ

 

「男の水商売ってなにがあるの?男ができる水商売5個を紹介」如何だったでしょうか。今回、紹介した内容以外にも、水商売に値する職業はあるかもしれませんが、中でも、今流れがきているであろう職を、今回はピックアップしました。

 

男性は女性のようにはじめから高収入を得ることはなかなか難しいわけですが、稼ぎやすい職は紛れもなくあるわけなので、もし経済的成功を望んでいるのであれば、仕事を選んでいくことは重要でしょう。また時代によって稼ぎやすいか、稼ぎにくいか流れが変わってくるので、その辺、市場調査などを行うことは必要不可欠です。

 

この記事をきっかけに、皆さんが経済的成功を掴んでいただければ、私は嬉しく思います。今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

男性に大人気のママ活サイト

 

ママ活をしている男性のほとんどはネットからママ希望の女性を探していることは明らかです。もちろんママ活をするやり方に決まりはありませんが。。

今の時代としてはネットで女性を探すやり方が効率が良く最善の方法といえるでしょう。

次に紹介するサイトはママ活専用サイトではないがママ活男子には非常に人気のあるサイトです。

登録料金は無料で、登録後は年齢確認をしてママ希望の女性を探すことができる。男性はDMを送るのには制限があるがそれでも高収入のママと出会えることを考えれば大した金額ではないはず。。

セキュリティーもしっかりしているので利用する男性も安心感はあります。

ワクワクメール  

年収400万以上の安定した収入の女性がたくさん登録しているママ活おすすめアプリ!

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • 安定した収入の女性が登録している
  • セキュリティ万全
  • ママ活男子推薦

ワクワクメール ※18歳以上 無料登録

メルパラ

男性会員が少なく、女性会員が多い穴場サイト!ポイント課金制

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ活男子一押し
  • 穴場サイト!
  • お客様サポート有り

メルパラ ※18歳以上 無料登録

イククル

ママ活男子人気急上昇中!会員数1300万人超えのスーパーコミュニティ!

  • 会員数1300人
  • 老舗大手のマッチングサイト
  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ活男子人気急上昇中
  • サポート万全

イククル ※18歳以上 無料登録

Jメール

  • 18歳以上
  • 年齢確認必須
  • ママ候補の女性が多い!
  • ママ活男子推薦
  • 簡単無料登録

Jメール ※18歳以上 無料登録